【就活記】グループディスカッション、こうすれば勝てる! たった一つのポイント

タグ:

こんにちは、高村です。

今回は就活の上で避けては通れない

「グループディスカッション(GD)」について、書いていこうと思います。

 

 

アイディアを出すのと同じくらい
“話を前に進める”ことも重要

 

就活をするとすぐに分かりますが、
エントリーシートを通過すると、多くの場合は、
グループディスカションがあります。

 

しかし、不安に思うことはありません。
こんな私でもグループディスカッションで落ちたことは無いです。

 

グループディスカッションのポイントはたくさんあります。
しかしそれ以前に確実に言えることは

回数をこなす!

ってことだと思います。

 

流れとか、考え方とかがある程度パターン化されているので、
回数こなして、慣れるというのがてっとり早い方法だと思います。

 

新卒アドベンチャーズでも、就活Dive!!などのイベントを開催していて、
実際に企業の人事の方などに評価してもらえる良い機会なので、
活用するのをオススメします。

 

また、私が今回お伝えしたいGDのポイントは1つだけです。

 

 

画像がめっちゃドヤドヤしてますが(笑)
基本に立ち返れば、これだけ出来てれば通ると思います。

グループディスカッションは、非常に短い時間で結論を出さなければならないことが多いです。
なので、誰も思いつかなかった“ビッグアイディア”みたいなものは
求められていないと思います。
(もちろんそれが出来る人は優秀だし、スゴいと思います)


だからこそ、

『えーなんだよこのアイディア。誰でも考えられるじゃん。』

って心の中では思っていても、

 

 

っていう風に、議論を前に進めていって下さい。(笑)(笑)
あくまで否定するのではなく、話を結論まで持っていく前向きな姿勢は非常に大事です。
アイディアを考えることも重要ですが、“話を前に進める”ことも
同じくらい重要なことなのです。

 

次回は、私が落ち続けることでつかんだ
「最終面接突破のポイント」についてお伝えします。

 

アディオス。

タグ:

この記事を書いた人

高村優太

投稿記事数 : 6件

この人の記事だけ見る

自己紹介
明治大学15卒。PR会社のベクトルに内定、入社。

TOP