【就活記】“今から”本気でやろう

タグ:

こんにちは!明治大学の高村です!

とうとう5回目のブログで、今回で最後のエントリーになってしまいました。

 

これまでは、実際に就活を経験して得たテクニックやアドバイスでしたが、

最後に私が伝えたいことは、一つだけです。

まわりの学生のみなさんも書いていて、同じことにはなってしまいますが

 

 

“今から”本気でやろう

ということ。

 

これはどういうことかと言うと

今から本気になれたら、正直、就活を心配に思う必要はないと、私は思うからです。

 

 

私は大学に入ってからというもの、サークル活動や、アルバイトを中心にしていた、大多数の学生の一人でした。

 

しかし、心のどこかでは 就活を不安に思っていたところもあり、

このままだと、留学していた人や、意識を高く持って勉強していた人には勝てないということは、

頭の悪い私でも簡単に想像出来ました。

 

そう思ったのが大学3年生になった時です。

そこから、私は就活に対しての意識を変えていきました。

 

「たしかに自分に、留学の経験や、目につくような経歴は無い。

でもまだ3年だし、無ければ作ればいい!」

そういう捉え方をして、1年間本当にたくさんのことにチャレンジしました。

 

広告会社でのインターンシップや、映画祭の企画・運営、芸能の仕事など、、、

本当に、自分の動き方次第で、どんなことにも挑戦できるし、

そういう経験が、だんだんと自分のモノになっていく感覚を得られました。

 

(これは就活真っ只中の1月の時の写真です。訳ありで人生初の金髪にもしました。ただ、両親にはアホ程怒られましたが…。)

 

 

そして、そこで経験したことや、意識して行ったことは就活でも

自信を持って話していました。

 

 

ですから、就活を控えた方や、不安に思っている人に言いたいことは

“今から”本気でやってみたら?

ってことです。

 

 

就活は、ツラい時期ではありますが、

本当にあっという間に終わってしまうのも事実です。

その短い期間くらい本気で取り組んでみなよ!

 

ってことを伝えたかったんです。

 

 

とは言え、今からって、なかなか難しいですよね。

予定あるし、バイトだし、みたいな(笑)

 

私も、怠け者なんで気持ちはスゴく分かるんですが、

別に特別なことをしろっていうことでは無いんですよね。

 

例えば、今日バイトなら

時間が過ぎるのを待つのではなくて、売上が伸びる方法を考えるとか、

そういう一つ一つのことに本気で取り組むことは

自分の成長にも繋がると思います。

 

 

そして、最後ですが、

本気で取り組めば、その経験は必ず自分に返ってきます。

(なんか段々と発言が教師チックになっているが、マジです。笑)

 

面接に落ちて、落ち続けて、

それでも諦めずに、突き進んだ就活期で得たものは、

自分にとって大きな財産になりうると思います。

少なくとも、私にとってはかけがえのない経験になっています。

 

 

なので、就活を控えた学生のみなさんには、

是非とも本気で、就活期を駆け抜けて、

後悔なく終えて欲しいと思います。

 

自分を信じて頑張って下さい。

これまで、こんなヘタクソなブログを読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

高村優太

 

タグ:

この記事を書いた人

高村優太

投稿記事数 : 6件

この人の記事だけ見る

自己紹介
明治大学15卒。PR会社のベクトルに内定、入社。

TOP