【就活記】最終面接まで進むも、ことごとく落ち続けたことで分かった就活のコツとは!?

タグ:

はじめまして!

今回、就活記ブログを書かせて頂くことになりました、高村優太と申します!

 

私は2014年5月まで就職活動をしていましたが、

株式会社ベクトルから内定を頂くことができ、就活を終えました。

 

今回のテーマは『高村優太の履歴書』ということで、

ホントにざっくり、10秒で自己紹介は終えたいと思います。

 

今回は初回なので、

自己紹介→学生時代に頑張ったこと→高村の就活(ブログ)について

 

の順で書いていきたいと思います。

☆自己紹介

takamura

 

名前:高村優太(21)

大学:明治大学 政治経済学部 政治学科

大学での活動:フットサルサークル、映画祭の企画・運営、広報活動

アルバイト:カフェスタッフ、バスセンディング

 

はい、こんな感じ。普通だね。

 

...

 

普通とか言うなよ!失礼な!

PCの画面越しでも分かるぞ!!

 

 

 

☆学生時代の頑張ったこと

 

少し珍しいのですが、私は大学のゼミで映画祭の企画を行っていて、

映画祭のコンセプト決定、企業からの協賛金のお願いや、会場やゲストの手配、広報活動まで、全てゼミ生で行っていました。

 

ここで、私は広報を担当していて、主に映画祭の知名度UPと集客をミッションに活動していました。

ここでの経験から、広告やPRに興味を持ち始めたのが広告業界を目指すようになったキッカケだったと思います。

 

広報活動とは、具体的には

プレスリリースを書いてメディアに載っけてもらい、

時には映画祭のPR動画を自分たちで作って、それを大学生向けのサービスと連携して宣伝したりもしていました。

 

サークルでは体験できない、よりビジネスライクな活動をしていたことで、面接で話しても、非常に興味を持ってもらいやすかったです。

takamura2

(※映画祭当日の写真)

 

☆高村の就活(ブログ)について

で!ですね!

他の学生さんもたくさん記事を書いていて、被ってしまう内容もあるかとは思うのですが

私のブログでは

“最終面接まで進むも、ことごとく落ち続けた”

私にしか書けない内容を、是非とも後輩の学生のみなさんにお届けできればと思っております。(笑)

 

別に自慢ではありません。むしろ、恥ずかしいですね。

最終面接までいっても、書類で落とされても、結果は変わらないわけですから。

 

 

ただ、就活において、最後に落ちることほどメンタルにくることは他に無いと思います。

そこで私の経験から、少しでも後輩や広告を目指す学生の役に立てればいいなと考え、記事を書いている次第でございます。

 

 

takamura3

 

 

学生A「なんだよ、コイツ。結局落ちてんのかよ〜、参考にする訳無いじゃんwww、なぜ出てきたしwwウケるwwww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思った奴は、出てこいやーーーーーー!!!!

君は何もわかっていない!!(と思う!)

分からず屋!!

 

 

私は、成功体験と同様に、失敗体験も重要だと思います。

成功した人からは、聞こえの良いことしか聞けないかもしれない。

でも失敗した人からも、その人なりの学びはあると思います。

トライアンドエラーなんすよ、就活は。

 

前車の轍は踏まないように、参考までに最後までお付き合いください。

 

 

とは言え、私の就活が失敗だったとは微塵も思っていません。

 

私は広告業界一本で就職活動を行っており、そのために

自分で足を動かして、出来る限り広告会社の社員の方の話しを聞いたり

講演会に行ったりしていました。

 

その上で、新アドはとても便利で、役に立つイベントもたくさんありました。

感謝しています。

就活がこれからのみなさんにも、早めに動いていくことをオススメします!

 

 

というわけで、次回以降もこんな感じで、フランクなブログでやっていきたいと思っています。

次回は、私の就活スケジュールと面接で気をつけていた事について書きたいと思っています。

タグ:

この記事を書いた人

高村優太

投稿記事数 : 6件

この人の記事だけ見る

自己紹介
明治大学15卒。PR会社のベクトルに内定、入社。

TOP