【就活記】福岡大学・江頭菜保子の履歴書。地方学生の就職活動はつらいよ!?

タグ:

egashira2

(※写真右から2番目)

 

はじめまして! SAGA県出身の江頭菜保子と申します。

私の家の前には卑弥呼で有名な吉野ヶ里遺跡があります。

(灯台下暗し、実は行ったことはありませんが・・・)

 

四季によって異なる農作物の成長を通学途中観察することが密やかな楽しみです。

幼少の頃は川や海で遊び、田んぼを駆け回って遊んでいたようなThe田舎娘です。

 

今回はブログを通して私なりに就職活動を控えている学生さんたちに何か参考になるようなことを伝えていきたいです。

 

私は特に、地方学生ならではの就職活動での悩みや親との葛藤、大企業・ベンチャーの選択などについてできるだけみなさんに寄り添う形でお届けできればと思っています。

 

今回は履歴書ということなので、軽く自己紹介をしますね:)

 

 

~江頭菜保子の自己紹介~

大学 福岡大学 人文学部教育臨床心理学科

 24(過去1年間のイギリス留学・浪人を経験しています。)

趣味 イベント企画・参加 / アウトドア/ 劇団四季観賞

性格 友人からはポケモンのラッキーみたいだねと言われています(笑)マイペースで明るい性格なんだそうです。

へらへらしていますが、根は真面目な一面もあることを主張します(笑)

アルバイト 塾講師約3年半 / 百貨店での商品販売

内定先 OPT( インターネット広告代理店 )

 egashira3

( 劇団四季のキャッツを観る前の決めポーズですw)

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~江頭菜保子ができるまで~

 

― Stage1―

幼稚園~小学校

割となんでもうまくいっていて、チャレンジすれば思っていた以上の

結果がついてくることが多かったです。私の黄金期です(笑)

 

― Stage2―

中学校

中学受験をして、念願の中高一貫の志望校合格!しかし・・・

順風満帆だった小学校時代とは一変、劣等生に転落:(

勉強はできなかったけど開き直って遊びに遊んでたので学校生活はとても楽しかったなぁ(笑)

 

―Stage3―

高校

落ちぶれた自分のままではいけない!変わりたい!と思い2週間のサマーセミナーに参加。

全国から集まったポテンシャルの高い同世代の学生に出会い、驚愕。

語学・教養など幅広いスキルを身に付けている学生が多かったです。

その後、「活躍の幅を広げたい」の一心で単独でイギリスへ留学。

意識的に自分と向き合うこと、苦手な座学と向き合うことが多くなりました。

 

―Stage4―

大学

受験に失敗。東京の大学を目指しており(某W大学w)、当時高学歴に対するブランド信者だったので人生オワタ^○^と嘆く。

でも、結果を受け止めて与えられた環境でがんばるしかないと腹をくくり、結果にこだわりながら色んな活動をし始める。

●学内のスピーチコンテスト出場

●懸賞論文大会エントリー

●100人規模のイベントの企画・運営・営業

●ビジコンへの参加・事業化

egashira4

( イベント告知のためUstreamの撮影)

 

 

このもがいていた時期が、私にとっての成長時期になったんじゃないかな?と思います。

「志望校に受かった人よりも努力して多くの経験をして学ぶんだ」

と我武者羅に活動に打ち込んでいました。

そして多忙を極めながら楽しさややりがいを見出すことができました。

もし合格していたら結果に満足して、「将来ユルゲーだな」と努力することを怠っていたかもしれません・・・

 

―Stage5―

就職活動

①大手食品メーカー、商業ディベロッパーを受けていた時期(12月~3月)

②Web系ベンチャー企業を中心に受けた時期 (3月~7月)

この2つの時期がありました。

 

①では2社最終、②では5社最終に進みました。

ですが、見事に最終で落ちまくっていました。

だけど私はあまり引きずるタイプではなく、「自分に合わないだけなんだ」と

勝手に都合よく思うようにしていました。

 

―Srage6―

オプト

(未来予想図)

成長意欲のある仲間と、とにかく毎日を必死に生きる

東京の生活に苦戦し、カツカツになりながらも楽しい毎日を送る

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

(参考?)

ちなみに私の就活時代のアイテムはエガちゃんノート。

エガちゃん自身を尊敬していることや、このノートを使用することでインパクトを与えることができると思ったことから、このノートを私の就活ノートに選びました。

大手でいい子ぶって無地の手帳を使って窮屈な思いをしてたのですが、このノートを使い始めて吹っ切れました。

周りを意識しすぎて自分を押さえつけるような就職活動は止めようと。

 

egashira5

 

~江頭菜保子の持論~

一般的なシュウカツスタイルに合わせた就活なんて面白くない。

 

 

Q1 黒スーツでの就職活動って誰が決めたんですか?

→私はスーツ着用が義務付けられていなければ意識して私服を着用しました。

 

Q2 就活本ってそんなに大事ですか?

→個性が死んでしまうと思い、私は面接対策本を一冊も読みませんでした。

テンプレの言葉なんて響かないし、胡散臭い感じがします。

本から学んだスキル?を完コピする面接が正解ではないです。

あなたにしか表現することができないオリジナルの言葉・方法で熱意を伝えること。

これに限ります。

型破りな就活だって、私は素敵だと思います。

 

Q3 あなたはどうして就活するんですか?

私は読者の方に必ずこの問いの答えを導き出してほしいと思います。メディアや周りの人から煽られて漠然と「シュウカツしなきゃーーーーーorz!!!」となる人がいますが

その前に一度この問いについて真剣に考えてほしいです。

この質問に対するあなたの答えが、あなたの原動力になります。

 

客観的にそんな学生を表現した作品があるので、ご紹介します。

 

「大学生のおよそ10%が「死にたい」と感じる、日本の就活事情を風刺化 – 就活狂想曲 -」

http://dout.jp/144

 

みなさんはどう思いましたか?

改めてどんな就職活動にしたいですか?

 

あなたにしかできない就職活動を体現して、一度しかない人生を100%思いっきり楽しんでほしいなと思います!

 

次回は地方学生の東京での就職活動について具体的な数字を用いてお伝えします:)

 

それでは

 

To be continued・・・

タグ:

この記事を書いた人

江頭菜保子

投稿記事数 : 5件

この人の記事だけ見る

自己紹介
佐賀県出身、福岡大学15卒。インターネット広告代理店オプトに内定、入社。

TOP